制限規定と利用許諾

イベントを企画するときに使うBGMや本の内容、画像の利用…非商用であれば大丈夫だと思っていませんか?

利用許諾の必要性

イベントといっても、演劇、ダンスや演奏会、コンサート、落語など様々なものがあると考えられます。そこで提供されるのは、多くの場合では実演家達の実演のみならず、雰囲気作りのためにBGMを使ったり、話題作りのために本や他のイベントの内容を持ち出したり、話の具体例を出すためにスクリーンに作品を映し出したりと何かしらの理由で他の著作物、作品・楽曲を利用する必要があるのではないかと思われます。そもそも演奏会などの場合はその実演に楽曲を利用する場合がほとんどです。そのような場合において、しばしば本当に利用して良いかの確認を怠ってはいないでしょうか?業務の煩雑性から利用の手続きを省いてしまってはいないでしょうか?
どのような場合において著作権者に許諾が必要なのかというと、このようなイベントにおいては、ほぼ全ての場合において許諾が必要だと思って良いと思います。非商用・非営利の場合は確かに著作権が制限されるケースはありますが、それもわずかな場合(制限規定が及ぶ場合)だけですので確認の手間が惜しくないのであれば、一度権利者への確認をとるべきであるといえます。
小学校がキャラクターの画を無断で用いて、権利者から小学生が書いた絵を消して欲しいとの通告があったという事例も現に存在くらいです。著作者の許諾を得ずに著作物を利用できる場合というのは、あなたが思うよりもずっと限られています。

制限規定とケース

日本の著作権法の場合は著作権者から許諾を得ることなく著作物を利用できる規定をいくらか定めていて、そのケースに当てはまれば許諾なく利用できます。非営利であるときに、著作権が制限を受ける場合の例としては、営利を目的とせず、かつ観客から料金をうけない場合、具体的には学校の文化祭(それも入場料を必要としない場合)などは、公表された著作物を上演や演奏、貸与を行うことが出来ると著作権法第38条は定めています。非営利とは、直接的な利益を上げないことも勿論ですが、間接的に利益に繋がるような行為も含まれます。それを行うことで自社の宣伝行為となる場合は営利としてみなされてしまいます。

また他人の著作物を自分の実演や作品の中に取り入れて用いる場合は”引用”として用いなければならず、一定の条件を満たす必要があります。
1.引用対象となる著作物が既に公表されているものであること
2.引用される他者の著作物よりも自分達の実演・作品がメインとなること
3.出所の明示をすること
メインとなること、というのは他者の著作物の紹介ばかりがイベントの内容とならないように、それ自体を示すことが内容とならないように、あくまでも自分たちの実演に伴う形で表示することです。勿論、その引用の内容が引用したものであることを分かる形で明示する必要がありますし、それを自分たちの作品のように振る舞うことは当然著作権を侵害してしまうことになります。

注目バナー