著作権の目的

著作権、知的財産権っていわれるけれども、実際どういうものなのか?著作権って知らないとやっぱり問題なのか?生活したり、ビジネスを行ううえで最低限知らなければいけない著作権に関する情報を著作権ナビでは解説していきます。ここではその著作権とは何か、何のためにあるのかを解説していきます。


著作権とは

著作権は特許権や商標権などに代表される知的財産権の一つです。
あなたの作った作品がたとえば……

  • 勝手にネット上の他のサイトで公開・利用されている
  • ペンネームで書いたのに本名が公開されている

そのような事が簡単に起きてしまっては新しい作品を作る気にはならないのではないかと思います。不正な複製など、著作者の意に反する利用を防ぐために与えられる権利が著作権です。

著作権の目的とは

著作権法の第一の目的は、著作権法第1条にあるように「文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もって文化の発展に寄与することを目的とする」とあるように、『文化の保護・発展』です。創作者の製作意欲を著作権を与えることで保護し、文化を保護・発展を促しています。

著作権は権利の束

著作権と言っても不正なコピーから守る”複製権”や、実名で公開するかペンネームで公開するかを選択できる”氏名表示権”など、著作権の中に様々な権利が含まれています。その作品自体の利用に関わる利益を保護する性質のものから、その作品を創った著作者の人格的な利益を保護するような性質のものと多岐に渡るため、著作権は権利の束などと言われることもあります。

著作権を知らないとどうなる?

自分が他人のコンテンツを使うことが簡単にできるように、自分の作品が自分の知らないところで使われているなんてことは特にインターネット上では驚くほど簡単に起こる現象です。それはデジタル化によってコピー作品が簡単に作れるようになり、さらにそれがインターネット上では容易に公開・配布出来るような現代だからこそ問題になっているといえます。

著作権は作品の完成と同時に著作者に付与されます。思っているよりも簡単に著作権は与えられるものなのです。しかし、前述の通り著作権は権利の束であり、様々な権利を内包してる強い権利なのです。非常に強い権利であるからこそ、あなたの知らないところで著作権を侵害していたりすることがあるかもしれません。

著作権ナビではそのような思わぬ侵害が起こさないような著作権に対する知識や日常生活における著作権の在り方から、ビジネス上での問題、最新の著作権関連のニュース解説など、日常生活からビジネスにおける範囲まで幅広い情報を扱い著作権に対する情報を提供していきます。

注目バナー